0
¥0

現在カート内に商品はございません。

種苗と園芸品
「つる新 種苗店」

タキイ交配

半白節成きゅうり

果皮やわらかく歯切れよい短形の半白!

はんじろふしなり
【特長】
1949年生まれの現役最古参のF1(一代交配)きゅうりです。
平均果長が18cm程度の短形半白キュウリ。
果形は円筒形によく整い、クズ果の発生が少ない。果皮がやわらかく、果肉は歯切れがよくて風味がよい。
草勢が強く、耐寒性にすぐれているので栽培が容易。
節間は短く、側枝の発生が少ない。
節成り性が強く、初期から多収となる。

果肉がかたく、キムチや糠漬に適します。また、熱を加えても独特のパリパリした歯ごたえを味わえることから、炒め物やスープにも応用できます。
低温伸長性にすぐれているので適作型は、ハウス半促成〜露地早熟栽培(暖地で1〜4月まき)です。

この品種の栽培の注意点

【栽培の要点】
各節に雌花が着生して初期から多収となるので、収穫開始ごろからは定期的に追肥を行い、草勢の低下を防ぐことが栽培のポイントです。

きゅうりの栽培要点

〇原産地はヒマラヤ山麓、及びインド付近。
〇発芽適温25〜30℃
〇生育適温昼間 22〜28℃ 夜間17〜18℃
〇温暖な気候に適し温度変化に敏感で低温に弱い。
〇浅根性で根の酸素要求量が強い為、有機質に富んだ保水、排水性が良い土壌が必要。

耕種概要

キュウリ
蒔き方

育苗

うね幅(cm)

270cm

条数(条)

2条

株間(cm)

60cm

1a当たり株数

120株

1m²当たり株数

1.2株

1a当たり播種量

8〜10ml

1m²当たり播種量

0.08〜0.1ml

1a当たり播種量(粒数)

192〜240粒

1m²当たり播種量(粒数)

1.92〜2.4粒

20ml当たり粒数

350〜450粒

※1a(アール)=100m²=30坪=1畝(セ)  ※ 1ml(ミリリットル)=1cc

播種時期

半白節成きゅうりの栽培方法

半白節成きゅうりの栽培方法 半白節成きゅうりの栽培方法
メーカー名

タキイ種苗

生産地

タイ

種子消毒

種子加工

¥550 ~ ¥4,950 税込
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む