0
¥0

現在カート内に商品はございません。

種苗と園芸品
「つる新 種苗店」

固定種

丸葉山東菜

不結球性で淡い黄緑色の丸葉種。蒔く時期を選ばない便利な葉白菜。

(まるはさんとうさい)
【特  長】
●耐暑、耐寒性があり,生育が極めて早く,いたって作りやすい多収種。
●葉柄は白くて幅が広く,葉は黄緑色で平滑。葉先は丸くて刻みがない。
●草姿は比較的に立性で,株の揃いがよいので,束ねた荷姿が美しい。
●葉貿がやわらかくて食味がよいので,煮食・漬物に最適。

この品種の栽培の注意点

●高湿期はややうすまきとし,丈夫に育てる。
●冬期は防寒を行い,生育の促進を図る。

山東菜の蒔き方と間引き時

すじ蒔きで、本葉2〜3枚の時3〜5cm間隔に間引き、播種後25〜30日で収穫する(草丈20〜25cm)。
大株仕立ての場合 その後も間引き、最終的には株間30〜40cmとする。

耕種概要

山東白菜(間引き菜利用)
蒔き方

直まき

うね幅(cm)

100〜150cm

条数(条)

4〜5条

株間(cm)

3〜5cm

1a当たり株数

2万〜3万株

1m²当たり株数

200〜300株

1a当たり播種量

1.3〜2dl

1m²当たり播種量

1.3〜2ml

1a当たり播種量(粒数)

2.27万〜5万粒

1m²当たり播種量(粒数)

227〜500粒

20ml当たり粒数

3500〜5000粒

※1a(アール)=100m²=30坪   ※1dl(デシリットル)=100ml(ミリリットル)=100cc
★上記は小株収穫の場合  大株、また半結球まで育てるためには株間30〜40cmになるまで間引く。

播種時期

丸葉山東菜の種蒔き時期 栽培時期

丸葉山東菜の種蒔き時期 栽培時期 丸葉山東菜の種蒔き時期 栽培時期
メーカー名

-

生産地

ニュージーランド

種子消毒

無し

種子加工

¥220 ~ ¥1,364 税込
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む