0
¥0

現在カート内に商品はございません。

種苗と園芸品
「つる新 種苗店」

固定種

純系愛知ファーストトマト

糖度高い冬、春トマト 愛知伝統野菜

【特長】
昭和10年代に愛知県で育種された愛知伝統野菜。
この品種は当時からの固定種。
栽培時期は冬から春にかけての低温期で、一番の特長は低温期でお尻の先が尖る独特な果形となる。
低温期収穫の専用品種(ハウス栽培が基本)であるが春からの栽培もできる。
草勢強く、着花、玉伸びも良好な早生種で平均230〜250gに肥大する。
○果実は濃桃赤色で色上がりは良好。心室数は平均9〜11と多く空洞になりにくい。
固めで密度のある肉質で糖質高く食味は抜群である。

この品種の栽培の注意点

【育て方】
促成栽培、抑制栽培専用種で夏秋収穫としては使えない

スーパーファーストトマトの栽培要点

〇原産地は南アフリカ・アンデス山系。
〇発芽適温20〜30℃
〇生育適温昼間 25〜30℃
夜間 10〜15℃
〇温暖な気候に適する。
〇営利栽培の場合は裂果、病気予防のため雨除け栽培が望ましい。
〇乾燥気味が生育には良く、過湿には弱い。
〇高温時には着果、着色、肥大とも不良になる。
〇やや乾燥を好むので必要時以外には水遣りをしない。

耕種概要

トマト(大玉)
蒔き方

育苗

うね幅(cm)

180cm

条数(条)

2条

株間(cm)

40〜50cm

1a当たり株数

240株

1m²当たり株数

2.4株

1a当たり播種量

3〜4ml

1m²当たり播種量

0.03〜0.04ml

1a当たり播種量(粒数)

270〜360粒

1m²当たり播種量(粒数)

2.7〜3.6粒

20ml当たり粒数

1800粒

◎1ml当たり粒数(90粒)※1a(アール)=100m²=30坪=1畝(セ)                   ※ 1ml(ミリリットル)=1cc

播種時期

愛知ファーストトマトの種蒔き時期 栽培時期

愛知ファーストトマトの種蒔き時期 栽培時期 愛知ファーストトマトの種蒔き時期 栽培時期
メーカー名

松永種苗

生産地

タイ

種子消毒

無し

種子加工

¥330 ~ ¥550 税込
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む