0
¥0

現在カート内に商品はございません。

種苗と園芸品
「つる新 種苗店」

固定種

八つ房とうがらし

辛味は
大辛

【特長】●調味用,乾果用のトウガラシで辛味が強い。●果実は長さ6〜7cm。鮮紅色で上向き,房状に着果する。●節間短く,群生状に着果して,収量が多い。
●太茎の強健な品種で,いたって作りやすい。着色は一斉で乾果の歩どまりも高い。

この品種の栽培の注意点

【栽培の要点】
●2〜3月に温床に播種し,本葉5〜6枚の苗を定植。

●肥料は堆肥と化成肥料を中心に施し,熟期が「本鷹の爪」よりもやや遅れるので,最後の追肥は早めに切る。

●乾果を目標にする場合は,完全に日干しをして,よく乾燥してから出荷することが大切。

ピーマン類の栽培要点

〇原産地は中央アメリカ、南アメリカ熱帯地方。熱帯地方では多年草で、かん木状に生育するが、温帯地域では1年生作物として栽培する。
〇発芽適温20〜30℃
〇生育適温25℃前後
〇高温性植物。
○強光を必要とする。
〇やや根が浅いので乾燥に弱い為、保水力のある土壌での栽培が求められる。

耕種概要

ピーマン
蒔き方

育苗

うね幅(cm)

150cm

条数(条)

1条

株間(cm)

45cm

1a当たり株数

150株

1m²当たり株数

1.5株

1a当たり播種量

3〜4ml

1m²当たり播種量

0.03〜0.04ml

1a当たり播種量(粒数)

225〜300粒

1m²当たり播種量(粒数)

2.25〜3粒

20ml当たり粒数

1500粒

-

播種時期

分布図

分布図 分布図
メーカー名

-

生産地

-

種子消毒

-

種子加工

-

¥275 税込
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む