0
¥0

現在カート内に商品はございません。

種苗と園芸品
「つる新 種苗店」

朝霧ほうれん草

秋〜初春蒔き用 低温伸長性が高く味が良い 特に寒ちぢみ用として特性発揮!

秋、初冬、早春蒔きの品種特に寒ちぢみ用として特性を発揮する。葉形は丸葉低温伸長性が高く作りやすい。特に低温期に収穫するものは甘みがあり美味しい。

この品種の栽培の注意点

●寒ちぢみの栽培は、収穫が低温期に当たるように播種する。

コマツナの栽培要点

〇原産地はヨーロッパ地中海沿岸。起源は中国から伝来したカブの一種「茎立菜」とされ、その名称は東京江戸川区の小松川あたりで栽培されていたので、コマツナという名前になったと言われている。
〇発芽適温20〜25℃
〇生育適温18〜20℃
〇涼しい気候を好むが、生育期間が短い為、施設などを使い周年栽培できる。
〇冬〜早春にかけての抽苔、高温期の徒長などを避けるために蒔き時期と品種の選定に留意する。

耕種概要

コマツナ
蒔き方

直まき

うね幅(cm)

100〜150cm

条数(条)

4〜5条

株間(cm)

3〜5cm

1a当たり株数

2万〜3万株

1m²当たり株数

200〜300株

1a当たり播種量

1.3〜2dl

1m²当たり播種量

1.3〜2ml

1a当たり播種量(粒数)

2.27万〜5万粒

1m²当たり播種量(粒数)

227〜500粒

20ml当たり粒数

3500〜5000粒

-

播種時期

-

メーカー名

-

生産地

生産地

種子消毒

種子消毒

種子加工

-

¥220 ~ ¥396 税込
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む