0
¥0

現在カート内に商品はございません。

種苗と園芸品
「つる新 種苗店」

固定種

半結球山東菜

完全に結球しないが作りやすく、栽培期間が短い手ごろな品種抜き菜としても美味しい

(はんけっきゅうさんとうさい)
【特  長】
●耐病性が強<で栽培容易な山東菜の大株種。
●葉は生育後期には立つが結球はしない。
●収穫適期の草姿は筒形で中肋は割合に幅広く外葉は鮮緑色で中心は美しい黄白色を呈し,草丈50cmぐらいとなる。
●強勢で生育が旱いため,春作にも適し,平暖地では周年栽培ができる。

この品種の栽培の注意点

【栽培要点】
●秋どリ栽培が本命作型であるが,平暖地では栽培が年中可能。
●適期栽培では播種後40日ごろから,順次,間引き収穫をしていき,最終的に大株どりにする。
●施肥は追肥重点で,間引きの都度,分施していく。

山東菜の蒔き方と間引き時

すじ蒔きで、本葉2〜3枚の時3〜5cm間隔に間引き、播種後25〜30日で収穫する(草丈20〜25cm)。
大株仕立ての場合 その後も間引き、最終的には株間30〜40cmとする。

耕種概要

山東白菜(間引き菜利用)
蒔き方

直まき

うね幅(cm)

100〜150cm

条数(条)

4〜5条

株間(cm)

3〜5cm

1a当たり株数

2万〜3万株

1m²当たり株数

200〜300株

1a当たり播種量

1.3〜2dl

1m²当たり播種量

1.3〜2ml

1a当たり播種量(粒数)

2.27万〜5万粒

1m²当たり播種量(粒数)

227〜500粒

20ml当たり粒数

3500〜5000粒

※1a(アール)=100m²=30坪   ※1dl(デシリットル)=100ml(ミリリットル)=100cc
★上記は小株収穫の場合  大株、また半結球まで育てるためには株間30〜40cmになるまで間引く。

播種時期

丸葉山東菜の種蒔き時期 栽培時期

丸葉山東菜の種蒔き時期 栽培時期 丸葉山東菜の種蒔き時期 栽培時期
メーカー名

-

生産地

岐阜県

種子消毒

無し

種子加工

¥220 ~ ¥1,419 税込
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む