0
¥0

現在カート内に商品はございません。

種苗と園芸品
「つる新 種苗店」

長野交配

中生SEキャベツ

3〜7月まで蒔ける。偏円球で大玉が収穫でき多収冬囲い用にも適す

【特長】1.5~2kgの扁円球の玉となる耐病性があり極めて強く作りやすい春から秋まで広い作方に適応する裂球も少なく形く食味も上々

この品種の栽培の注意点

【育て方】
欠点の少ない品種で特に無い

キャベツの栽培要点

〇原産地はヨーロッパ南部地中海沿岸地域。
現在のような結球型のものはドイツで成立し13世紀にイギリスへ伝わって改良が進んだ。
〇発芽適温15〜30℃
〇生育適温15〜20℃
〇冷涼な気候を好み高温には弱いが温度適応性は広い。
〇種まきから収穫まで80〜120日と栽培期間は長期となる。
○春まきで夏秋収穫(夏秋)・夏蒔き冬収穫(寒玉)・秋まき春収穫(春キャベツ)と大きく分けて3タイプある。
(他には播種時期が広いグリーンボール系)種まき時期に合わせ品種を選定する。

耕種概要

キャベツ
蒔き方

育苗

うね幅(cm)

60〜120cm

条数(条)

1〜2条

株間(cm)

30〜40cm

1a当たり株数

400〜550株

1m²当たり株数

4〜5.5株

1a当たり播種量

3〜4ml

1m²当たり播種量

0.03〜0.04ml

1a当たり播種量(粒数)

450〜800粒

1m²当たり播種量(粒数)

4.5〜8粒

20ml当たり粒数

3500〜5000粒

-

播種時期

分布図

分布図 分布図
メーカー名

-

生産地

-

種子消毒

-

種子加工

-

¥440 税込
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む