0
¥0

現在カート内に商品はございません。

種苗と園芸品
「つる新 種苗店」

固定種

ビロフレイほうれん草

丸葉 一般地の春と秋播き用
トウ立ちが遅く耐寒性も比較的強いので、播種時期広く 作りやすい

一般地は春作と秋冬作?冷涼地は春~夏まき?【特 長】
●晩抽で生育が早くご暑さに強い栽培容易な洋種で,ほうれんそうの抽苔しやすい春まき栽培ができる。
●葉は鮮緑色で肉が厚く,多少縮みがある。
●生育旺盛で株張りがよく,収量が多い。
●栽培は春まき(冷涼地は夏の雨除けハウスまで)が最適で,秋まきでの越冬性もある。

ほうれんそうの栽培要点

〇原産地はアフガニスタン周辺の中央アジア地域が原産地とされ、イランで栽培化が進んだと言われる。
そこから東西へ発展し、性質の異なる東洋種と西洋種に分化した。
〇発芽適温15〜20℃
〇生育適温15〜20℃
〇25℃以上では発芽率低下
〇酸性に極めて弱い為、種まき前に石灰などで畑の酸度を矯正する必要がある。
(ph6.5〜7.0 弱酸性〜中性)
〇冷涼な気候を好み高温には弱いため秋作に向く。
〇春、夏作の場合は品種の選定に注意する。

耕種概要

ホウレンソウ(丸粒)
蒔き方

直まき

うね幅(cm)

110〜140cm

条数(条)

4〜6条

株間(cm)

3〜7cm

1a当たり株数

7000〜1.5万株

1m²当たり株数

70〜150株

1a当たり播種量

3〜5dl

1m²当たり播種量

3〜5ml

1a当たり播種量(粒数)

9000〜2.25万粒

1m²当たり播種量(粒数)

90〜225粒

20ml当たり粒数

600〜900粒

-

播種時期

-

メーカー名

-

生産地

-

種子消毒

-

種子加工

-

¥220 ~ ¥308 税込
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む