0
¥0

現在カート内に商品はございません。

種苗と園芸品
「つる新 種苗店」

サカタ交配

タイニーシュシュ(ミニ白菜)

播種後200g〜1.2kgまでやわらかく、特にサラダに向く

タイニーシュシュ ミニ白菜●播種後45日、200gほどの結球始めから、播種後65日dで1.2kgほどのミニハクサイサイズまで、栽植密度を調節することで、規格に合わせていろいろなサイズで収穫できます。
●耐暑、耐両性に非常にすぐれ、欠乏症などの生理障害に強く、作りやすい品種です。
●葉には毛じ(産毛)がなく、葉肉が厚くて肉質やわらかく、浅漬け、鍋物はもちろん、サラダ、サンドイツチ、焼き肉巻きなど生食でも美味しく、使いやすい白菜です。

この品種の栽培の注意点

タイニーシュシュミニ白菜の 栽培要点
●播種〜定植:直播、移植栽培どちらも可能です。 1,2kg程度のミニハクサイでの収穫を目指す場合、株間は30×30cmが標準となります。
200g程度の結球始めで収穫する場合、株間は15×15cmを標準とします。
低温期の抽だい防止では移植栽培が適します。
●畑づくりと手入れ:生育期間が短いため、元肥中心の施肥設計となります。
栽培期間の長い低温期は多めに施し、高温期は徒長させないよう少なめに施します。
過度の施肥は軟腐病の原因となりますので注意してください。
●収穫:ミニハクサイの収穫では結球頂部を手で押し、話まってきていれば収穫です。
結球始めで収穫する場合は、草丈30cmぐらいになり結球が始まったのが確認できれば収穫です。

はくさいの特性

〇原産地は地中海沿岸。中国へ伝播後結球型に改良され普及した。〇発芽適温20〜25℃
〇生育適温15〜30℃
〇直まきが育てやすい。
〇過湿に弱い為、排水の悪い畑では高畝にする。
〇春作の場合トウ立ちの危険が高い為、抽苔しにくい早生品種を選び育苗期には葉数10枚程度まで低温に当てないことが重要。

耕種概要

ハクサイ
蒔き方

育苗

うね幅(cm)

60〜70cm

条数(条)

1条

株間(cm)

45〜50cm

1a当たり株数

280〜370株

1m²当たり株数

2.8〜3.7株

1a当たり播種量

3〜4ml

1m²当たり播種量

0.03〜0.04ml

1a当たり播種量(粒数)

525〜1000粒

1m²当たり播種量(粒数)

5.2〜10粒

20ml当たり粒数

3500〜5000粒

★20ml当たり粒数(3500〜5000粒)
※1a(アール)=100?=30坪=1畝(セ) 1dl(デシリットル)=100ml=100?=0.1l

播種時期

タイニーシュシュ ミニハクサイ の栽培時期の1例です

タイニーシュシュ ミニハクサイ の栽培時期の1例です タイニーシュシュ ミニハクサイ の栽培時期の1例です
メーカー名

サカタのタネ

生産地

ニュージーランド

種子消毒

有り

種子加工

¥330 税込
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む