0
¥0

現在カート内に商品はございません。

種苗と園芸品
「つる新 種苗店」

固定種

天王寺かぶ

難波の伝統野菜

【特長】  天王寺かぶ(てんのうじ) 中かぶ

丸葉天王寺蕪
中生の中蕪で根部は径9cm 高さ8cmほどになる
葉は丸葉で毛が無く立性で柔らかい。
根部はやや平たい扁円で純白で肉質は柔らかく甘みがあり煮食用や漬物など利用範囲広い

来歴
大阪天王寺付近が原産の歴史あるかぶ

かぶの栽培要点

〇原産地はアジア、特にアフガニスタンを中心とする一元説と、これにヨーロッパ西南部の海岸地帯を加える二元説がある。
〇発芽適温15〜20℃
〇生育適温15〜20℃
〇冷涼な気候を好む。
〇秋作が最も作りやすい。
〇春作、また夏作の場合は向いた品種の選定に留意する。
〇トウ立ちは低温により誘起され、トウ立ちの早晩性は品種間差が見られ、大かぶ、在来蕪は抽苔が早く、小かぶは遅い傾向にある。

耕種概要

カブ(小かぶ)
蒔き方

直まき

うね幅(cm)

90cm

条数(条)

4条

株間(cm)

8〜12cm

1a当たり株数

4000〜6000株

1m²当たり株数

40〜60株

1a当たり播種量

40〜60ml

1m²当たり播種量

0.4〜0.6ml

1a当たり播種量(粒数)

1.32万〜2.25万粒

1m²当たり播種量(粒数)

132〜225粒

20ml当たり粒数

6600〜7500粒

-

播種時期

天王寺かぶの栽培時期

天王寺かぶの栽培時期 天王寺かぶの栽培時期
メーカー名

-

生産地

生産地

種子消毒

種子消毒

種子加工

-

¥220 ~ ¥1,617 税込
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む