枝豆・大豆のページへ

固定種

鶴の子大豆

品種コード: 022017

鶴の子大豆

【特性】
●作りやすい晩生の秋大豆として有名な品種。
●子実は扁球形で,ごく大粒。
●種皮の色は美しいクリーム色で,品質が特によい。
●青いうちは枝豆としておいしく,熟しては大豆として,みそ豆や煮豆に好適する。枝豆利用,大豆利用ともに,大粒の昧が身上。

 

【栽培ポイント】
●畝幅60cm,株間20cmで,1ヵ所2本立てとする。密植しすぎると,受光が不充分で着莢不良となる。
●本葉4~5枚時に土寄せをして,倒伏防止に努める。
●害虫の防除には,スミチオンやバイジットを,開花期間中に2回ほど散布する。

小袋 216円(税込)

1dl入 324円(税込)