ねぎ、ねぎ類のページへ

固定種

浅黄系九条葱あさぎけいくじょうねぎ

品種コード: 029018

つくりやすくおいしい葉ねぎ

浅黄系九条ねぎの種
種蒔き 寒地
秋蒔き9月 
春蒔き3~4月
中間地
秋蒔き9~10月
春蒔き2~4月
暖地
秋蒔き9~12月
春蒔き1~4月

収穫 11~3月

【特性】
京都特産の春秋にまいて伸びが早く、白根の部分はもちろん葉の部分までやわらかく、8~9本の分ケツする、主に葉を利用する葉ネギ。 【栽培の要点】
太ねぎ栽培は3月中旬~4月中旬播種、8月中旬定植の春まきを主とし、秋まきは9月上旬~10月中旬まさして春定植します。
京都ではこの秋まきのものを8月初旬一度抜きとリ乾燥、干ねぎとした苗を8月植えして上質のものを多収する独特の栽培があります。
小~中葱栽培は苗床に播種し、葉が3~4枚の頃8~15本をひとまとめにして株間10cm位に植え付けます。圃場は堆肥など有機質を多用した水はけのよい肥沃地で、乾燥に注意して一気に作り上げます。
植付後45日位から順次収穫します。
耐寒力はさほど強くないので、冬期寒地では地上部が枯れることがあります。

浅黄系九条ねぎの栽培時期の一例

浅黄系九条ネギの種蒔き時期の分布図 浅黄系九条葱の播種時期

小袋 15mL 270円(税込)

1dL入 1317円(税込)