とうもろこしのページへ

固定種

甲州とうもろこしこうしゅうとうもろこし

品種コード: 021018

未熟果は焼きとうもろこし、完熟果は粉に!!!

甲州トウモロコシ(こうしゅうとうもろこし)
播種時期(寒地)
4~6月(寒い時期はトンネル、マルチ栽培)
播種時期(中間地)
3~5月(寒い時期はトンネル、マルチ栽培)
播種時期(暖地) 
2~5月(寒い時期はトンネル、マルチ栽培)

収穫時期 播種後 95日

特  長 
●山梨県富士山北山麓の原産で,とうもろこしの中では特に大型。
●豊産性の中生種で,穂長30cmと長<,黄色の大粒種。
●樹勢強健で分枝少な<,栽培容易。
●草丈が2m以上にもなり、根張りも旺盛で頑強なので防風用にもなる また青果収穫後の茎葉は緑肥、家畜飼料にも利用できる。
●とうもろこしは完熟後は固くなり、挽いてとうもろこし粉にして蒸す、焼くなどで利用する。
また未熟果はもちトウモロコシと同様、甘みはほとんど無いが、でんぷん質多く、焼きとうもろこしにすると独特の風味でおいしい。 栽培要点 ●畝幅ワ5cm,株間35cm,1ヵ所3~4粒まきとし,
本葉4~5枚までに間引きを行って1本立ちにする。●元肥は堆
肥を多用主体とし草丈が30cmに伸びたころ,追肥と同時に中耕と土寄せを行い,倒伏を防ぐ。
●第2回目の追肥は,雄穂が出始めのころ行う。それ以降
は土壌を乾燥させないよう,潅水に努める。
追肥は必要に応じ株元から30cmほど離れたところに施す
成育期間中 側枝等は摘除する必用は無い収穫は実がパッチリと充実した時期を見計らい行う
注意 普通のスイートコーンの近くで栽培すると交配してスイートコーンの品質が顕著に悪くなるので畑の選択と播種時期に注意する。

かなり大まかな地域と作型です 作型の参考としてご覧下さい

甲州とうもろこしの播種時期 甲州とうもろこしの栽培時期

小袋 216円(税込)

商品コード: 02101801