きゃべつ(甘藍)のページへ

固定種で有機種子

サボイキャベツ(マーナー)さぼいきゃべつ

品種コード: 016037

完全に縮みがかかる本格的なサボイキャベツ(晩生種)

サボイキャベツマーナーの種
播種時期 (寒地)
3月~5月
播種時期 (中間地)
3月~4月、8月~11月
播種時期 (暖地)
3月~4月、8月~11月

種まきから140~150日 (定植から90~100日前後)

サボイキャベツの晩生種で縮みが極めて強い本格的な品種です。葉質がしっかりしており煮崩れしにくいので、ロールキャベツなど煮込み料理に最適です。 ※栽培方法 (以下は株式会社グリーフィールドプロジェクト様の栽培要項より転写させていただきました)
種まき 直播 (表土から約1cmの深さに、株間50~60cmに点まき) かポットで種を3粒前後まきます。
播種適期 3月~4月、8月~11月(寒い時期の播種は15℃以上の温度を確保。10月以降はトンネル栽培で越冬栽培)
場所 ―
株間 50~60cm
定植 本葉が出たら間引きして、ポットの場合は本葉5~6枚の頃に株間50~60cmで1本定植します。 
肥料 定植から3週間ほど経った頃(本葉10枚程度)で1度目の追肥、6週間目ぐらいに2度目の追肥を施します。
水やり 真夏日は朝夕2回、雨の降らない日は4,5日に1回を目安に水やりします。
収穫 種まきから140~150日 (定植から90~100日前後) が収穫目安ですが、気温により日数は変動します。春播きの秋~冬どりが最も育てやすい品種です。
耐寒性が強い。

サボイキャベツマーナーの作型

サボイキャベツ栽培時期

小袋 0.25g(約100粒) 339円(税込)

商品コード: 01603701