たまねぎのページへ

固定種

貝塚早生黄玉ねぎかいづかわせきたまねぎ

品種コード: 056014

平型の極早生品種 1球約250g密植して小玉ねぎ用(ペコロス)にも向いてます。

貝塚早生黄玉ねぎ
(種蒔き時期一例)
寒地  
8月下旬~9月上旬
中間地
9月中旬~10月
暖地
9月中旬~10月

収獲は4月下旬から

【特  長】
●極早生で抽苔が極めて少なく,肥大性に富んで,早出し栽培に適した切り玉出荷が主体の品種。
●栽培適応性が広<で,どこでも作りやすく,1球重250g程度の扁円球で,早どり品種としては一番の多収種。
●品質や食味にすぐれ,切り玉のみならず,8月半ばまでの短期貯蔵もできる。

【畑作りと種蒔きの目安】 (育苗の場合)
*100㎡=1a(アール)あたり  2500~3000株
うね巾60㎝で2列または140㎝で4列 株間10~15㎝
*播種量 40~60mL

【栽培の要点】
●発芽適温15~20℃  ●生育適温15℃内外

*育苗の場合苗床に条間8cm前後で播き溝を切り、5~10mm間隔でタネを播きます。
●適期播種と適期定植に心がけ,生育スピードの早さを発揮させるように留意する。
●元肥にはリンサンを充分に効かし,早春からはチッソとカリ主体の追肥で肥効を高め,生育の促進に努める。

貝塚早生玉葱作型の一例です ●播種 ×定植 □収穫 ■貯蔵期間

貝塚早生黄玉葱種蒔き地域分布図 貝塚早生黄玉葱栽培時期の一例です

小袋 3mL 270円(税込)

20mL 832円(税込)